an odd fellow

読書と写真と情報工学

おまえのすべてが燃え上がる

 

おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex)

おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex)

 

竹宮ゆゆこ先生の新刊、良かった。

 

取り返しの付かなさが良い。最初から取り返しの付かないとこから始まって、最後まで取り返しが付かない。取り返しの付かなさが全力で足を引っ張っている。もちろん主人公信濃は取り返そうとしてみるけれど、取り返しの付かなさは絶対にそれを許さない。

 

でもきっとこの話はハッピーエンドだった。ぶくぶくの黒い沼みたいな人生から、重り付きでも途切れていても人の道を歩くための話だった。

 

だけど、不幸だったのは彼女だけじゃ無かったのだ。幸せそうな主婦青葉さんも、バリキャリの美人白鳥さんも、みんな自分や他人にかけられた呪いが足を引っ張って、ままならない人生になる。

 

僕も気づいたら 24 だ。それなりに取り返しの付かなさを積み重ねてしまった。意外に、人生は短いのだ。良い小説だった。

 

竹宮ゆゆこ先生の書く擦れた大人の女のひとの話、大好きだ。知らない映画のサントラを聴くはいつか映画にして欲しいと思って居る。

 

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫nex)