an odd fellow

読書と写真と情報工学

jupyter に themes を適用する

jupyter に themes を簡単に設定することができる jupyter-themes を紹介する。また、jupyter-vim-binding と併用する際の設定についても書く。

jupyter-themes

jupyter に themes を設定できるコマンドツールを pip で入れられる。

github.com

$ jt -t onedork

これで themes は設定できる。

jupyter-vim-binding との併用

選択セルに themes が適用されない問題

jupyter-vim-binding と併用すると、CSS が競合して選択セルに themes が適用されない。これは jt コマンドに -vim オプションを付けることで解消できる。

$ jt -t onedork -vim

normal モードのカーソルの色を変える

デフォルトでは normal モードで緑のカーソルがチカチカとしている。せっかくなので themes にあった色を設定したい。これは~/.jupyter/custom/custom.cssを編集して変更できる。ファイルの冒頭に下記のように追加する。#0095ff は onedork でのカーソルの色に合わせている。

.cm-fat-cursor .CodeMirror-cursor {
 background: #0095ff;
}
...

諸注意

  • jt コマンドを叩くと custom.css が上書きをされるので、カーソルの色の変更をする設定は最後に行う。
  • jupyter notebook の再起動をしないと themes が適用されない。ブラウザのキャッシュにより変更がされていないように見える場合があるので、シークレットモードで確認をする。

MySetting

jt コマンドは -vim 以外にも色々オプションが付けれる。私はセルの幅を広くした。デフォルトでは 970 であるが、手持ちのノートブックの解像度を考えて 1300 とした(-cellw 1300)。また、jupyter-thems では画面上部のファイル名やツールバーが無効化されているのでこれを有効化する(-T -N)。

$ jt -t onedork -vim -cellw 1300 -T -N

f:id:roronya:20161204065154p:plain