読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an odd fellow

読書と写真と情報工学

ココロコネクト ヒトランダム

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)

アニメ見たらあんまりにも面白かったもんだからつい原作を全部買って積んで気づいたら3ヶ月経ってた。しかし今年はこいつを読むと去年決めたんだ。ウラルを読み終わってからすぐ読み始めて1日で読めた。

ラノベはほんとにライトだ。全部何もかも書いてあって、それで何もかも書いてある通りなんだろう。それ以外の事実が無いというか、想像する余地も無い。書いてあることを書いてあるとおり受け取る作業だ。桜木小説と比べるのも変な話だけれど、まぁ、ラノベはこの軽さが良いのだ。桜木小説の直後にラノベを読んだことで、桜木小説の良さとラノベの良さがちゃんとわかった気がする。

しかし、ラノベがアニメ化盛んなのわかるよ、書いてあるとおりに映像にすればいいんだ。前のノイタミナですべてが F になるやってたけれど、解釈の自由度を残した作品はやっぱ難しんだ、ボクはアニメ版 F になるを見て特に真賀田四季に印象の相違を覚えたけれど、ああいう解釈もあるのだと思った。一方でラノベのキャラや話は全部書いてあるから書いてあるとおりに思うだけで終わるから楽ちんだ。

ココロコネクト読んで桜木小説の感想を述べるのは酷い話だけれど、桜木先生の情景に心理の複雑さを綺麗に重ねるの好きだ、愛してる。

ココロコネクトはオレガイルがやりたかったこと、全部書いてあるんじゃないだろうかってボクは思うんだよな…。アニメ見てるから5巻くらいまでの内容は知っているんだけれど、今後の自己犠牲野郎の行く末を見守りたい。