読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an odd fellow

読書と写真と情報工学

Debian Wheezy で Symfony2 の開発環境を整えたのと、よく使うコマンドメモ

Web制作会社でバイトし始めて2週間くらい経ちました。Symfonyを使っています。だいたいわかってきたのでここいらで一度よく使うコマンドとか、開発環境の構築方法とかメモっとこうかなって思いました。

そういえば Web 制作ってことばなんか変じゃないですか。 Web ページ制作ならわかるけど Web 制作って。うちも例外じゃないけど。蜘蛛の巣作ってる会社では無いってみんなわかるし、ハイコンテキスト感も極まるかんじで、おしゃれ感もなんかあるし、変なことばだなぁと思いながらもすきです。

開発環境の構築の手順は

  1. PHPApache のインストール
  2. Composer のインストール
  3. Symfony のインストール
  4. その他メモ

となります。

1. PHPApache のインストール

apt-get で入れるだけ

$ sudo apt-get install php5 apache2

2. Composer のインストール

Composerの公式サイトのGetting Startedに従います。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

すると composer.phar というファイルが出来上がるのでパスの通ったところにリネームして置きます。

$ mv composer.phar ~/bin/composer

3. Symfony のインストール

Composer と同様に公式サイトのやりかたに従います。

$ composer create-project symfony/framework-standard-edition path/ "2.5.*"

4. その他よく使うコマンドメモ

データベースの情報

app/config/parameters.yml

PHP のビルトインウェブサーバーの起動

$ ./app/console server:run

localhostの8000番で動作します。

Symfony が動くかどうか確かめる

http://localhost:8000/web/config.php

バンドルの作成

./app/console generate:bundle --namespace=Foo/BarBundole --format=yml

親ルーティングの設定

app/config/routing.yml

小ルーティングの設定

src/Foo/BarBundle/Resouces/config/routing.yml

コントローラの設定

src/Foo/BarBundle/Resouces/Controller/HogeController.php

ビュー

src/Foo/BarBundle/Resouces/Resouces/views/Default/hoge.html.twig

YAML でデータベースの構造を記述するとき

$ mkdir src/Foo/BarBundle/Resource/config/doctrine
$ emacs src/Foo/BarBundle/Resource/config/doctrine/Buz.orm.yml
$ ./app/console doctrine:generate:entities FooBarBundle
$ ./app/console doctrine:schema:update --force

YAML で書いたデータベースの仕様が変わった時

$ ./app/console doctrine:generate:entities FooBarBundle
$ ./app/console doctrine:schema:update --force

とだけやるとデータベースに適用される。