an odd fellow

仕事のメモ

信州大学工学部生に行って欲しい飲食店リスト(千石劇場周辺編)

ハイ、ドーモー!バーチャル長野県民のろにゃです!今日は信州大学工学部に在学する後輩たちに!長野市街地で行って欲しい飲食店を紹介します! というわけで、僭越ながら何店舗か紹介をしたい。 おれの長野市街地うまい店リスト文章にして公開しとくか— ろにゃ (@…

「Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング」の環境をdocker-composeで作る。

背景 仕事でrailsを使うことになったがきちんと触ったことが無かったのでGWに試してみることにした。 railsの入門書はこれが良いらしいので買った。書籍ではローカルに環境を構築しているが、dockerを使ったほうが良いだろう。 Ruby on Rails 5アプリケーシ…

リズと青い鳥

liz-bluebird.com 日曜日に見てきたところたいへんな出来栄えだったのでぜひ見ていただきたい。そう思ったので見どころを言語化したい。 「ずっとずっと、一緒だと思っていた」と公式ページにあるように「ずっと一緒には居られないよね」をこの2人が知る話で…

きのこ先生

今年の新卒の研修に参加できることになり、twadaさんのエンジニア心構えの講演を聞けた。感想とメモを置いておく。 感想 twada先生の話で何度も強調されたのは「可処分時間が減るから効率的に学びなさい」ということだった。認めなければならないと思った。…

oracleで今日の日付を取得したり、関数をちょっと試したりする

背景 最近oracleを叩いている。今日の日付を取得する関数が知りたかったので調べた。 結論 select to_char(sysdate, 'yyyy/mm/dd') from dual で今日の日付が取得できる。to_charの第二引数にフォーマット文字列を渡す。 from dual のdualはダミーテーブルら…

locustのNUM_CLIENTSとHATCH_RATEについて

背景 GAEで作ったAPIサーバーを本番反映するに当たり必要なリクエスト数さばけるのかを確認する必要があった。先輩社員がlocustを使っていたので自分もlocustを使ったが、NUM_CLIENTSとHATCH_RATEの挙動が分からな過ぎた。NUM_CLIENTSとHATCH_RATEの関係が分…

docker multi stage buildを試す

背景 reviewdogのDockerfileについて先輩社員にレビューもらうと、dockerのmulti stage build使うと幸せになれるよと教えてもらった。 レビューをもらったDockerfileは以下。pythonのdockerイメージにgoをインストールしてからgo getでreviewdogを入れている…

IntelliJでproject painとかをショートカットでリサイズする

背景 IntelliJと書いたがPyCharmもRubyMineでも同様。 Command+1でプロジェクトペインが開けるが、windowをガチャガチャリサイズしたあとだとプロジェクトペインのサイズが以上にデカかったり小さかったりする。マウスでサイズ調整してたが、キーバインド割…

docker runでローカルのgoファイルを実行する

背景 RealWorldHTTPを読み始めた。goでサンプルのHTTPサーバを立ててcurlで色々オプションを付けてリクエストを試しながら挙動を確認していくようだった。 それで、サンプルのHTTPサーバーを書いたんだけど、dockerで実行したくて以下のようにした。 $ docke…

drone.ioでdocker run -vしてハマった

背景 drone.ioでreviewdogを使いたくてこんな感じで書いた。 Dockerfile.reviewdog FROM python:3.6 USER root ENV HOME /root ARG WORK_DIR WORKDIR ${WORK_DIR} ENV APP_ROOT ${WORK_DIR} # install Golang ARG GO_VERSION=1.8.3 RUN mkdir /tmp/go && \ c…

GCPでprojectをまたいだ権限の設定方法

背景 読み飛ばしてOK。自分用メモ。 AppEngineからBigTableを読み込みたかったが、BigTableはprdにあり、AppEngineはdev,stg,prdに立ち上げる予定で、devのAppEngineからprdのBigTableを読み込むとい うprojectを跨いでアクセスする必要があったが、やり方が…

今年読んだ本

2014年 →2014年消費したおはなしたちまとめ - an odd fellow 2015年 → 今年読んだ本 - an odd fellow 2016年 → 今年読んだ本 - an odd fellow 毎年書いてるので今年も書く。 ろにゃさんの読んだ本 - 読書メーター 今年読書メーターに登録した冊数は20冊ぴっ…

サムライズムの IntelliJ ハンズオンに行きました #jbugj

普段は Spacemacs を使っているんですが、学生のときからバイト先では PyCharm や PHPStorm を使ってはいました。いましたが、Shift を 2 回叩くと出て来る何でも検索機能程度しか使っていませんでした。 4月から就職したんですが、就職先が All Products Pa…

terraform init が s3 の認証情報が違うと言ってコケるとき

備忘録 問題 terraform init で -backend-config を指定すると以下のように怒られた。 $ terraform init -backend-config="key=prd/gcp-terraform.tfstate" Initializing the backend... Error configuring the backend "s3": No valid credential sources f…

おまえのすべてが燃え上がる

おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex) 作者: 竹宮ゆゆこ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/05/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 竹宮ゆゆこ先生の新刊、良かった。 取り返しの付かなさが良い。最初から取り返しの付かないとこ…

男の着エロ画像をランダムで表示する slack bot を Python で作る

https://github.com/roronya/skinybotgithub.com 大学に六年も通って出来るようになったことが此のようなくだらんことでは、君のお母さんは泣いているぞ。 以下を見たら1時間で作れた。 PythonでSlackbotを作る(1) – ビットログ このライブラリが強かった。s…

今年読んだ本

今年読んだ本 - an odd fellow 2014年消費したおはなしたちまとめ - an odd fellow 三年前から一月一冊をノルマに読書している。今年は達成した。ラノベも含むけど 19 冊読みました。 ろにゃさんの読んだ本 - 読書メーター 今年は旅行前の予習としてその土地…

jupyter に themes を適用する

最近眼精疲労がヤバイのは jupyter notebook の背景が白いせいだと思ったので themes を設定した— ろにゃ (@roronya) 2016年12月3日 jupyter に themes を簡単に設定することができる jupyter-themes を紹介する。また、jupyter-vim-binding と併用する際の…

【逐次更新】SQL でよくやる処理を pandas でやるときのメモ

github にまとめた github.com

【Symfony2】DoctrineFixturesBundle で作ったフィクスチャを phpunit から呼びたいとき

機能テストをするときにテストデータを DoctrineFixturesBunle で作った LoadHogeData クラスを使いたいとき LoadHogeDataクラスが ContainerAwareInterface を実装しているときどうするか LoadHogeData が外部キー制約で怒られるときはどうするか について…

doctrine:fixtures:load で外部キー制約で怒られるとき

[Doctrine\DBAL\Exception\ForeignKeyConstraintViolationException] このエラーが出る。 結構調べたんだけど、結局データベースごと作りなおすしか無さそうでした。 というわけで、僕は以下のコマンドを叩いています。 php app/console doctrine:database:d…

星を撮る

飯綱 pic.twitter.com/HvKscRrUjZ— ろにゃ (@roronya) 2016年10月27日 友達が買った車は大きな車体に静かなモーター音で田舎道を走って、僕たちを秋のスキー場へ運んだ。暗闇だった。きっと紅葉が始まっていて山は綺麗に色づいていたのだと思うが、今日の興…

Factorization Machines について輪講で発表した

「隣のチームは Factorization Machines 使うらしい」とチームメイトが言ったのは、もはや内定先である弊社の冬インターンだった。当時の僕は「へえそうなんだ(Matrix Factorization の別名かな)」というトボけたことを思ったが、もう大丈夫。わかりました。…

マクロスΔ最終回と黒澤明の「生きる」

僕はマクロスΔはマクロスシリーズとして認めたくないなあと思った。色々と説明不足なのだ。あるいは説得力の不足だ。何よりマクロスシリーズとしてのエッセンスの不足が深刻だった。マクロスシリーズとはなにか。マクロスシリーズとは敵とみなしていたモノと…

楽観的ロックと悲観的ロック

ロックについてあんまり気にしたことがなかったけど、必要になったので調べた。 ページを開いて何か変更して更新ボタンを押すシチュエーションを考える。僕が変更を加えている間に、他の誰かがそのページで別の変更をしたのを、僕が更新ボタンを押すことで上…

聲の形を見た

「これを見たあなたはどう思う?」をすごく感じた映画だった。これに従って、思ったことを書いてみる。 まず、はっきり言って、障害者を問答無用でいじめるということに混乱した。少なくとも僕の良心の範疇では、あり得ない行いで、見てる間も身体が凍りつい…

マクロス7見た

今日は朝からもうダメな日だったから引きこもりになってマクロス7を見て過ごした。 バサラが意味わかんなすぎて好きだった。それに振り回される人たちが段々バサラを理解して愛していく過程が良かった。物語の最初の段階ではバサラの存在を殺そうとしたり邪…

泥流地帯を呼んだ

今月北海道の富良野に旅行に行くので、ゆかりのある本を、と思って三浦綾子の泥流地帯を呼んだ。 泥流地帯 (新潮文庫)作者: 三浦綾子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1982/07メディア: 文庫 クリック: 8回この商品を含むブログ (15件) を見る 傑作だった。最…

データサイエンティストになります

6/20 を過ぎたらネットで喋って良いと言われていたのを思い出して書いている。 学生生活の結果として就職があるとは、全然思っていないんだけどこうしてある特定の会社に入ることを決めてみると、なんだか納得感があるのが意外だ。大学を出て大学院を出て会…

無垢の領域読んだ

桜木先生の本を読むと人間不信が加速していく気がする。いや、人間の心理が複雑なんだってわかってはいるんだけど、みんなもっと単純であって欲しいって願っている自分に気付きます。無垢の領域、今回は秋津夫妻の描写がカリカリのレンズで切り取った写真の…